バイクを知人に売る(個人売買)方法

最悪バイク王~酷評の真相を暴く~ > > バイクを知人に売る(個人売買)方法

バイクを知人に売る(個人売買)方法

バイクを処分する際には個人売買で友人や知人に売るというケースもよくあるのですが、具体的にどのような方法で知人に売るための手続きを行えば良いのでしょうか。
一般的には車体の処分に際して中古車買取店で売却するというのが一般的なのですが、個人間で売買をした場合には業者が入らず中間マージンが発生しないため、比較的に高く売却できるというメリットがあります。
またそれとは対極に使い古したお下がりとも言える車体を知人に譲るという場合もあり、かなり低価格で売却するというケースもあるのですが、この双方共に手続きをしっかりと行う必要があります。
ではバイクを個人売買するためにはどのような方法を行えば良いのでしょうか、まずはお金のやり取りなど売却を行うことになり、続いては車体の名義を自分から相手方に変更しなければなりません。

この名義変更は排気量により違いがあるのですが、125cc以下の車種の場合は売る方が廃車証明書・自賠責保険証明書・譲渡証明書を用意し、また買う方は軽自動車税申告書・標識交付申請書・身分証明書・印鑑などを用意します。
まず売る方は市区町村の役所で廃車手続きを行い、その際に受け取る書類を買うほうに渡して、買うほうは自身の住む場所の役所に向かい名義変更手続きを行い、また自賠責の手続きも行います。

つづいて126cc~250ccのバイクを個人売買する方法ですが、基本的には似たような流れとなるのですが持ち物に関しては売る方が軽自動車届出済証・自賠責保険証明書・譲渡証明書・印鑑・ナンバープレートなどを、また買う方は印鑑・住民票・軽自動車届出済証記入申請書・軽自動車税申告書・自賠責保険証明書などを用意しておき、手続きは運輸支局になります。
さらに251cc以上の場合は売る方が車検証・自賠責保険証明書・譲渡証明書・印鑑・ナンバープレート・軽自動車納税証明書などが必要になり、また買う方は印鑑・住民票・自動車検査証記入申請書・軽自動車税申告書・手数料納付書などを用意し、この場合も運輸支局での手続きとなります。

>バイク王で無料査定する<