事故バイクを売る手続き

最悪バイク王~酷評の真相を暴く~ > > 事故バイクを売る手続き

事故バイクを売る手続き

事故バイクと聞けば廃車という選択しかないようにも思えますが、状態によっては買取専門店に売るということも可能となります。

では事故バイクを売るためにはどのような手続きを行うことになるのでしょうか、基本的には買取専門店側で手続きを進めてくれることになりますので、その時々で必要に応じて書類を記入することになるのですが、まず最初は所有権を解除することから始まります。

現時点で車検証の所有者がご自身になっている場合は簡単な書類への記入だけで済むのですが、これがローン会社の名義になっている場合にはそちらへの連絡を欠かすことができません。
名義がローン会社になっているというのはまだローンの支払いがすべて終わっていないことを意味しており、所有権が完全に自分に無いのであれば勝手に処分することはできません。
そのためまずはローンの残価をすべて支払い完済した上でご自身の名義に書き換え、その後いよいよ所有権の解除を行うことになりますので、ローンの支払い継続中は一手間掛かることになります。

つづいては永久廃車登録をおこなうか一時抹消登録のいずれか手続きを行うことになります。
まず永久廃車登録とはその車体をスクラップにして永久に登録を無くすことを指しており、事故バイクの中でも自走が不可能な状態の場合には使える部品だけ取り除いて後の車体は永久廃車登録を行うことになります。

また一時抹消登録とは一時的にその車体の登録を外すことを意味した物で、こちらはその後に再び運転することを前提とした登録となりますので、事故者の処分においては使われることはありません。
またさらに廃車に関してはナンバープレート・標識交付証明書・印鑑・廃車申告書などが必要になるのですが、この場合もやはり買取店のスタッフにお任せすることになり、ナンバープレートの返納と共にあらかじめ加入してあった自賠責保険の解約と任意保険の解釈を行います。
あわせて売却費用の受け取りなどを行えば、事故バイクを売るための手続きは完了となります。

バイクの事故で、加害者であっても被害者であってもうまく交渉してより優位な条件にもっていきたいですよね?なかなか個人の知識では、知らないことが多く限界があります。そんな時にもってこいなのが、「 交通事故を専門にした弁護士の無料相談」です。是非お試しください。



>バイク王で無料査定する<