売却時に必要な書類

最悪バイク王~酷評の真相を暴く~ > > 売却時に必要な書類

売却時に必要な書類

バイクを買取店に売却する際には車体だけを持ち込めばよいというわけではなく、手続きに必要となる書類も事前に準備しておく必要があります。
売却時に用意しておくべき物はお持ちの車種の排気量により変わってくることになるのですが、まず125cc以下のバイクの場合は標識交付証明書・自賠責保険証明書・身分証明書などの3点に加えて印鑑も持参することになります。

身分証明書としては運転免許証・保険証・パスポートなどなどが有効となり、店舗に車体を持ち込む場合は運転してくることになりますので携帯している運転免許証を提出すればそれでよいといえます。
なお自賠責保険証明書に関しては大抵の方は車体の荷物入れに保管している場合が多いので事前に中を見て確認しておくことになりますが、標識交付証明書に関しては保険と共に保管していない場合もありますので、万が一にもなくしてしまった場合にはお住まいの地域の自治体に出向いて窓口で再発行を申請することになります。

続いては126~250ccのバイクの場合は軽自動車届出済証・自賠責保険証明書身分証明書・印鑑などの書類を売却時に取り揃えておきます。
ここでは新たに軽自動車届出済証が必要となるのですが、こちらも荷物入れに保管しておらず紛失した場合には再発行を申請することになるのですが、
申し込みを行う場所はお住まいの管轄の運輸支局に向かうことになり上記の自治体とは異なりますので場所を間違わないようご注意ください。
すでに廃車手続きを終えている場合には軽自動車届済証返納証明書がお手元にありますので、こちらの方を準備しておくことになります。

さらに排気量が251cc以上のバイクの場合は自動車検査証・身分証明書・印鑑の書類を売却時に取り揃えることになります。
自動車検査証とは車検証の事を指しており、こちらは運行する際に携帯が義務付けられていますので荷物入れに必ず入っている物と考えられますが、万が一にも紛失している場合にはけして運転はせず他の移動手段で管轄の運輸支局まで向かい再発行しましょう。

>バイク王で無料査定する<